電話相談を終えて

Share on Facebook

10月26日、27日に亀田メディカルセンターで、骨盤臓器脱と尿もれの電話相談を行いました。

2日間でしたが関東一円から13名の相談をうけ、やはりこの病気は悩みが深いことを実感しました。

この電話相談はひまわり会(もと患者の会)が中心となり、全国でおこなわれたものです。

相談された方は、受診までは思いきれないけど、相談くらいならという人から、ぜひとも受診したいという人まで様々でした。

皆さんが決まって口にするのは「どこに相談したら良いのか分からなかった・・・」ということ。

やはりそうなんでしょうね。産婦人科?泌尿器科?ってことになると思います。

実際に受診したことはあっても、下がっていないとか、少し様子をみましょうとかいわれて、あまり解決しなかった人もおられ、

やはり産婦人科と泌尿器科の境界域にある病気なので、患者さんにとってだけでなく、医療者にとっても、なかなか、

とっつきにくい領域なのでしょう。

この病気を治療しようとすると、産婦人科だけでなく、泌尿器科の知識や技術も必要となりますので、

専門治療を行っている医療機関の充実が期待されます。

Share on Facebook

Filed under: 未分類 — nomusan 7:17 PM
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031