順調、幕張外来!

Share on Facebook

今日は患者さんがかなり多かったのですが、幕張の外来を順調に終了。ちょっと東京に用事があり、今から戻っています。

外来を終えて感じること、それは単にウロギネの病気といっても泌尿器に病気に近いものから、婦人科の病気に近いものが、まったくこれらに関係ないものなど様々です。それらをうまく分類して、適切な対策を患者さんに提示するというのはかなりの知識と経験がいると思います。つまり医療においてレベルを高めるのはすなわち対応力を高めるということだと思います。困っている患者さんの問題点の本質を見出し、何ができるかということ常に考えて、成長し続けることが我々医療者の責務だと思います。まだまだ成長していかないといけませんね。頑張ります。

Share on Facebook

カテゴリー: 未分類 — nomusan 9:30 PM
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31