患者を生きる 女性と病気 骨盤臓器脱2

股に何か下りて来るような違和感を覚えた兵庫県塚市の主婦、稲垣隆子さん(56)は2005年春、膣から子宮が飛び出す「骨盤臓器脱」と産婦人科で診断された。治療として、膣の中にリング状のペッサリーを装着した。ペッサリーは直径5~8.5㌢ほど。避妊具とは別で、膣を支える筋肉を内側から補助して、子宮が落ちてくるのを防ぐ。しかし、稲垣さんは装着していると、のど元まで何かつまっているかのような不快感に苦しんだ。おりものが増え、出血も混じる。生理用ナプキンが手放せなくなった。その前年、夫の肺がんが発覚した。入退院を繰り返し、抗がん治療を続ける日々。「もしものことがあっても君の生活は大丈夫だよ」。妻の将来を案じ、夫は自分で財産管理の手続きを進めてくれた。そんな夫に自分の体の不調を相談することなんてできない。3人の娘にも余計な心配はかけたくなかった。違和感は消えなかったが、誰にも打ち明けられないまま半年が過ぎた。その年の秋、夫は亡くなった。四十九日の法要を済ませた年の瀬。自宅で目にしたタウン誌が「骨盤臓器脱」を特集していた。自分とよく似た症状が書かれ、大阪市内の総合病院の泌尿器科が紹介されていた。「泌尿器科も受診してみようか」。しかし、デリケートなところの病気だけに迷いもあった。「男性のお医者さんだったら・・・・・」悩んだ末、06年3月にその総合病院を訪ねた。女性医師は予約がいっぱい。受診した泌尿器科の担当医は、男性の竹山政美医師だった。
untitledinaga2緊張しながら問診と内診を受けた。竹山医師のやわらかい物腰と丁寧な説明に、思っていたほど気にはならなくなった。それより、以外なことを言われた。「子宮よりも、むしろ膀胱が下がってますよ」竹山医師は骨盤の中の模型を使って説明した。膀胱が下がってきて膣の前壁を押しているため、膣壁がたるんでいた。子宮を支える筋肉や靭帯を補強する手術があると、竹山医師に勧められた。稲垣さんはその場で手術を決断。夫を亡くし、新たな一歩を踏み出すきっかけが欲しかったからだった。「元気に前へ進まなきゃ」

カテゴリー: 掲載・メディア, 病気のはなし, 骨盤臓器脱 — admin 11:45 PM

骨盤臓器脱について

骨盤臓器脱は中高齢者の病気だと思っていますが、実はそうではないんですよね。たしかに60−70代がおおいのですが、実は30代、40代でも多くの方が骨盤臓器脱で悩んでいます。また臓器脱まではいかないまでも臓器下垂くらいで気になっている人も多くいます。妊娠中から下がってくる人もいるくらいです。これまでは30代、40代の方は羞恥心からほとんど受診されていませんでしたが、最近は骨盤臓器脱がメディアなどで取り上げられるようになったためか受診される方がふえています。でも気になる場合はいったん専門医に受診されてもよいと思います。そうすることで今の程度を知ることができ、また場合によっては対策を講じることができます。一歩踏み出す勇気があなたを守るかもしれません。我々専門医がその役割をしないといけないと思っています。水、木、金と北九州総合病院で電話相談も行います。正しい情報提供も我々の大きな役目の一つと考えて頑張ります。明日も外来、手術と頑張っていきましょう!

DSC03643

小倉駅構内で。昭和の香りがしますよね。

カテゴリー: 骨盤臓器脱 — nomusan 11:29 PM

患者を生きる 女性と病気 骨盤臓器脱①

昨年の8月、全国紙のA新聞で6回にわたり連載された記事を紹介します。ある患者さんの体験談です。共感されるかたも多いのではと思います。
骨盤臓器脱①
 兵庫県宝塚市の主婦、稲垣孝子さん(56)が体の異変に気づいたのはちょうど50歳のころ。2005年の年明けだった。風呂で座って体を洗っているときに違和感を感じた。股にに何かはさまっているような・・・。
 おそるおそる、指先で確かめてみた。膣の入口の付近に何か飛び出している。大きさはピンポン球くらい。触れると表面はつっるとして、ゴムボールのような張りがある。
 「これ、なに?」
 立ち上がってみると、奥へ引っ込むのか、消えてしまう。痛みなどは特にない。「いったい何だろう」。全く見当がつかないまま、大阪市内の病院へ行き産婦人科を受診した。
 「子宮脱ですね」
 医師にそう言われた。
 子宮脱とは「骨盤臓器脱」のひとつ。女性の骨盤の中には子宮や膀胱、腸などの臓器がおさまっている。こうした臓器を骨盤底筋群という筋肉や靭帯などがハンモックのように下から支えている。それが緩んだり傷ついたりすると、膣を圧迫するように落ちてきて膣壁とともに外へ出てくる。
 その臓器が子宮の場合は「子宮脱」、膀胱なら「膀胱瘤」、直腸だったら「直腸瘤」などと呼ばれる。いずれにしても、臓器そのものに損傷などがあるわけではなく、命を脅かす病気ではない。しかし、不快感が続き、排尿障害や性生活に影響するなど、生活の質の低下をもたらす。
 原因は加齢や肥満など。特に中高年に多いとされる。出産も原因になる。赤ちゃんが産道を通る際、筋肉などを傷つけてしまうことがあるからだ。経腟分娩を経験した女性の半数近くに何らかの症状がある、という海外の調査結果もある。
 そういえば、稲垣さんには思いあた事がある。26歳で初産を迎えてから、計4回の出産を経験した。いずれも3千㌘を超す大きな赤ちゃんだった。出産時やがん検診を受けたとき、医師に「将来、子宮が下がってくるかもしれない。重いものは極力、持たないようにね」と注意された。
 それにしても、まさか膣から臓器が飛び出してくるなんて、「想像すらしていなかった」。

image-inagaki0  次回「骨盤臓器脱②」に続く。急いで続きが見たい方は、ウロギネねっとへ

カテゴリー: 掲載・メディア, 病気のはなし, 骨盤臓器脱 — admin 10:06 PM

尿もれ・骨盤臓器脱の原因は骨盤底筋の弱りです!

尿もれや子宮脱などの骨盤臓器脱の主な原因は骨盤底筋(こつばんていきん)の弱りです。この骨盤底筋とはどのようなものなのでしょう?骨盤底筋は骨盤(腰の骨)の底にあって、骨盤の中の内臓である子宮や膀胱を支えている筋肉の集まりです。これらの筋肉は骨盤の底でハンモックのような形をしています。つまりこのハンモックが膀胱や子宮を下がらないように支えているのです。この骨盤底筋に大きな影響を受けるイベントは何でしょう?そう、出産です。出産で赤ちゃんがでてくるときに骨盤底筋は大きく引き延ばされ、伸びきってしまったり、ちぎれたりすることもあります。もちろん難産であっ場合には骨盤底筋の弱りは大きくなります。また出産の回数を重ねることで骨盤底筋の弱りは大きくなります。通常、出産で弱った骨盤底筋はある程度は自然によくなります。しかしながらこれらは筋肉ですので年齢が進むとともに、徐々に弱ってきます。そして閉経となり、卵巣からの女性ホルモンの分泌が少なくなると骨盤底筋の弱りが加速されます。その結果、閉経後の女性の多くに尿もれや骨盤臓器脱が起こってくるといわれています。このように尿もれや骨盤臓器脱は出産が引き金となって骨盤底筋が弱り、さらに加齢や骨盤底への過剰な負荷にともないさらに骨盤底筋が弱った結果おこる病気だといえます。
kotsuban

カテゴリー: 尿失禁, 病気のはなし, 骨盤臓器脱 — nomusan 10:05 PM

TVM手術は子宮温存手術です。

子宮をとるようにいわれたのだけど、という患者さんがいます。従来法では基本的に子宮はとって治療していました。最近、広まっているTVM手術は、基本に子宮を温存します。子宮を温存したほうがメッシュびらんが少ないというデータもフランスのグループから報告されています。それでとくに子宮に異常がなければ極力子宮を温存するようにしています。もちろん子宮に異常があったり、癌家系で子宮癌が心配な場合は膣の方から子宮をとってTVM手術を行います。これでも全く問題ないのですが、子宮をとる分すこし手術時間が長くなります。骨盤臓器脱に関する我々のポリシーとしては極力子宮温存です。できるだけからだに優しい手術を心がけています。よく例えで、女性の子宮はメルセデスベンツのボンネットにある丸いエンブレムみたいなものと説明しています。三ツ矢サイダーみたいなエンブレムがポッキッと折れてなくなっても、ベンツはベンツです。でもなんかさびしいですよね。子宮も同じで、子宮がなくなっても女性は女性。でもなんかさびしいですよね。病気があればしかたがないです。でも病気がないときは極力温存したほうがよい気がします。

メッシュ手術は子宮をとらないの?

基本的にはメッシュ手術は子宮をとらずに行うことができます。もちろん子宮をとって行うことも可能です。子宮をとるかとらないかは、本人の希望が最も優先されます。とくに子宮に病気がない場合は基本的には子宮をとらないメッシュ手術を希望される方が多いと思います。当院では90%以上の方が子宮をとらないメッシュ手術を希望されています。がん家系であったり、今後の子宮の検診がわずらわしいとかいう理由でで子宮をとられるかたもいます。子宮をとることのメリットは子宮癌のリスクがなくなることです。担当の先生とよく相談して下さい。

カテゴリー: 病気のはなし, 骨盤臓器脱の手術, 骨盤臓器脱治療 — nomusan 7:17 PM

子宮脱や尿漏れで相談したいのですが・・・・

子宮脱でこまっていて、どこかによい病院がないかなあってインターネットで探している方も多いかと思います。ようやく見つけた亀田総合病院ウロギネコロジーセンター、なにやら専門的な治療がうけられそう。でも場所は千葉県鴨川市。鴨川って遠いですよね。でも安心してください。都心からほど近い(東京駅から30分程度)の幕張でも、亀田総合病院の分院(亀田MTGクリニック婦人科外来)がありわたしが月に3回外来をおこなっています。予約制で、本院と同じ専門的な診察がうけられます。詳しくはこのホームページをご覧ください。

カテゴリー: 骨盤臓器脱 — nomusan 11:22 PM

骨盤臓器脱の症状は?

骨盤臓器脱の症状は実にさまざまです。臓器が膣のところから下垂してきますので、下垂感、脱出感など。ほかにも膣のところにやわらかいピンポン球のようなものをふれた。ぬるっとしたものがでてきた。少しかたいものをふれたなど、そのほかにも尿もれ、頻尿、夜間頻尿で調べていたら骨盤臓器脱がみつかったということもみられます。さらに直腸がさがったりすると排便の症状が出てくることがあります。このように骨盤臓器脱の症状は実にさまざま。適切に専門医に相談することが、快適な生活への第一歩になると思います。

カテゴリー: 骨盤臓器脱 — nomusan 11:13 PM

膣から何か出てきたら、骨盤臓器脱かも

image-datu1

骨盤臓器脱とは、子宮や膀胱、直腸などの骨盤内にある臓器が膣から下垂し出てくる病気の総称です。

骨盤臓器脱症状は、下記のようなものがあります。
・おなかのの中が下がった感じで、気持ち悪い
・膣のところにピンポン球のようなものを触れる
・股間に何か挟まっている感じ
・座ると、陰部のあたりで何か押しこまれる感じ

骨盤臓器脱は聞きなれない名前かもしれませんが、命を脅かす病気ではないので、安心ください。
また、非常に多い病気でスウェーデンでは出産経験者の44%に骨盤臓器脱が認められると報告されており、
ありふれた病気とも言えます。

骨盤臓器脱では、どの臓器が下垂しているかで、起こりやすい症状が異なります。

image-datu2

膀胱:頻尿や尿もれなどの排尿トラブル
直腸:便秘や残便感
子宮:陰部や膣部の違和感

骨盤臓器脱発症年齢は
一般的に70代以降に出やすいのですが、40~50代でも初期症状がある人は少なくありません。
特に経膣分娩で難産だった人や出産回数の多かった人は出産時に、骨盤内の臓器をハンモックのように
支えている骨盤底筋が傷んでいる場合も多いですし、介護や重いものを持ち上げる仕事についている人も
若くして症状が出るリスクが高まります。

治療、受診の時期
骨盤臓器脱は、直接命にかかわることは少ない、生活の質を左右するQOL疾患です。
股間に異物感があっても、あまり気にならない人は、すぐに治療する必要はありません。
「気になる」「痛みがある」「歩きにくい」など困ったら受診するのが基本です。
ただ、排尿困難が強い場合は、早めに受診することをお勧めします。

骨盤臓器脱のもっと詳しい情報へ

カテゴリー: 病気のはなし, 骨盤臓器脱 — admin 9:48 AM

メッシュ手術ってどのくらいの入院

骨盤臓器脱のメッシュ手術では7-8日くらいの入院です。基本的には翌日からは普通通りに動けます。ただおしっこの管が3日間はいっていますのでおしっこの管を抜いてちゃんとおしっこがでているのをかくにんしてから退院になりますので、だいたい7-8日になります。術後ゆっくりするのもたいせつですので。メッシュが体に適合するためには。

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728