本文へスキップ

骨盤臓器脱治療、尿漏れ治療など、女性QOL疾患を真剣に考える専門医師のサイト

Uro(泌尿器科)+Gyne(婦人科)=Urogyne(ウロギネ)

子宮脱など骨盤臓器脱の治療をする、ウロギネ(女性泌尿器科)専門医の野村昌良ホームページへようこそ!
子宮脱治療、膀胱脱治療の手術、尿もれ治療手術を専門とする医師、野村昌良のページです。
子宮を取らずに治療する最新医療のメッシュ手術を行う日本ではまだ数少ないウロギネ専門医。
骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱脱、直腸脱)の症状や原因、治療方法を解説します。
また尿漏れ治療や子宮脱手術の症例数を多くもつ専門機関もありますので、思いつめずに、相談を。

お知らせtopics


第30回「無料電話相談キャンペーン」実施 平成28年9月全国14箇所にて


 尿もれを克服した元患者が中心となり平成16年9月18日に「ひまわり会」を発足いたしました。外来ボランティアや定期的な電話相談を通じて自分たちの体験を生かし、女性相談サポートを行っています。この活動に賛同し、全国11都道府県14箇所の専門医らと合同で9月5日(月)より秋の無料電話相談キャンペーンを実施いたします。ぜひこの機会に一人でも多くの方に悩みを克服していただけたらと思います。
東京、千葉、福岡の日程は下記に掲載しております。
 その他都道府の電話相談詳細はこちら

 

骨盤臓器脱、尿もれで悩む女性ゼロを目指して! 
  専門医による骨盤臓器脱、尿失禁電話相談開催! 

出産・閉経・加齢などで、骨盤底筋が衰えて、子宮、膀胱、直腸などの臓器が体外に落ちてしまう「骨盤臓器脱」。咳やくしゃみをすると尿がもれるという「腹圧性尿失禁」も骨盤底筋の衰えが原因です。病気のことや、治療方法はもちろん不安や疑問にお答えします。一人で悩まず相談を!

施設名   開催日   時間  連絡先  相談者
 亀田京橋クリニック 9/8(木)、9/29(木) 15:00〜17:00   03-3527-9376 黄 医師 他
 亀田総合病院 9/12(月)〜9/15(木) 12:00〜14:00   04-7099-2344  常盤紫野 医師
 北九州総合病院 毎週 月〜金(祝日を除) 9:00〜12:00   093-922-5037 新井、小田 瑞、
藤本医師 他
 北九州総合病院 9/20(火)、9/21(水)
9/23(金)
13:00〜15:00   093-922-5037 野村医師 他

妊娠・出産・加齢などによっておこる軽い尿もれは、40代の女性であれば、3人に1人は経験し、誰にでも起こりうることです。「恥ずかしいもの」と捉えられ、独りで悩む方が多いのが現状です。尿失禁に限らず、骨盤臓器脱、頻尿などお困りのことをお気軽にご相談ください。
               

※医師対象
日本泌尿器内視鏡学会 教育プログラム
「第2回 腹腔鏡下仙骨膣固定術(LSC) ビデオセミナー 開催

熟練者によるビデオを用いたLSC手術手技の解説とディスカッション


日本泌尿器内視鏡学会では本術式の安全な普及を目指し、第2回LSCビデオセミナーを企画し開催する運びとなりました。

日時:9月3日(土)14:00-17:00
会場:日本大学病院 5階 大会議室
講師:成島 雅博 医師(名鉄病院) 野村 昌良 医師(亀田総合病院)
座長:寺地 敏郎 医師(東海大学医学部泌尿器科 教授) 橋 悟 医師(日本大学医学部泌尿器科 教授)

定員となり次第、締め切りといたします。
詳しくはこちら


 「骨盤底筋体操・骨盤底筋の働き」動画アップしました。

骨盤底筋ってどこにあるの?どんな時にはたらくの?
  役割を理解して骨盤底筋体操にチャレンジ!


  「骨盤底筋」聞きなれない言葉ですが、尿や便などの排泄機能や、生理痛や便秘などの女性の日常に深い関係がある筋肉です。あまり意識することのない筋肉だからこそ、衰えやすく、尿もれなどのトラブルの原因になることも。日常のなかで、しっかり鍛えることが大切です。
詳しくはこちら



 

Facebook ウロギネねっと 公式ぺージ開設

 全国の専門医よる無料電話相談会など、情報をお届けします。 
  アクセスして、いいね!、シェアをお願いします。
   
https://www.facebook.com/urogynenet
               

 
 

ウロギネ研修プロジェクト


?骨盤底機能外科スキルアップを目指して?
2010年、ウロギネをサブスペシャリティーとする医師養成を目的に研修プログラムを開始。 2014年4月から腹腔鏡治療を加え、さらに充実したウロギネ研修プログラムを実施します。
 骨盤底再建外科を学びたい医師はもちろん、スキルアップを目指しませんか?

 対象: 泌尿器医および産婦人科で骨盤底再建外科に興味がある医師。基本的に専門医習得の有無は問いません。
 研修期間 :1?3年(選択可能)。ウロギネと泌尿器両方の研修を希望する場合は原則として2年以上。
 詳しくはこちらへ   お申込み、お問い合わせはこちらから  project-k@urogynenet.com

ウロギネ手術トレーニング

 
 対象:minimum meshを用いた経腟手術はもちろん、2014年4月に保険適応となった腹腔鏡手術を学びたい医師。
  泌尿器医および産婦人科で骨盤底再建外科に興味がある医師。
 お申込み、お問い合わせはこちらから  project-k@urogynenet.com

東京でウロギネ外来が受診できるようになりました。


 東京駅八重洲口から徒歩5分、亀田総合病院のサテライトクリニック『亀田京橋クリニック』がオープン!野村医師も木曜日は、亀田京橋クリニックでウロギネ外来診療中。首都圏の方はもちろん、抜群のアクセスから遠方の方もお気軽に受診できます。亀田京橋クリニックのコンセプトは「女性に優しいクリニック」。つまり女性の立場に立ち、女性が受診しやすいクリニックを目指しています。
詳しくはこちら

掲示板 | ウロギネみんなの広場

子宮脱、膀胱脱、直腸脱などの骨盤臓器脱でお悩みの女性が自由に情報交換できる掲示板で す悩んでいる方々や元患者さんとの交流で、安心した生活をおくれるよう、マナーを守りご 利用ください。 

 

ラベンダーリボン

「ラベンダーリボン」ウロギネ疾患(女性泌尿器疾患)の啓発バッチとして誕生しました。



新着情報news

2014年8月10日               
「ウロギネ通信」11号発行   バックナンバーはこちら(1号〜8号)                
2014年5月10日
「ウロギネ通信9号」 「ウロギネ通信10号」

野村先生への相談

ウロギネの病気でお悩みの方に対してメールまたはFAXでの相談(無料)を行っております。ウロギネ専門医の立場から適切なアドバイスを行います。

メール相談 専用フォーム
soudan@urogynenet.com
※注意 携帯電話からのメールの場合、こちらからの返信メールが拒否され、お返事ができないことがございます。3日以上返信がない場合は迷惑メールフィルターをオフにしていただくか、パソコンより送信してください

FAX相談
04-7099-1198
「野村医師あて」で「自身のFAX番号かメールアドレス」を記入の上、上記番号へ送信ください。

個人情報保護方針をご確認ください

メディア掲載情報

 
 病院の実力51歳から気になる病気
 
 2015年
 読売新聞「くらしピックアップ」  「女性の尿漏れ 体操で改善」       
 2014年  
 読売新聞「すこやかカフェ」
「骨盤臓器脱 手術で解消」
 読売新聞
 「腹腔鏡手術」
 東京新聞
 尿もれの鍵「骨盤底筋」を鍛える!
 リビング福岡・北九州 1
 リビング福岡・北九州 2
 2012年
 TBSラジオ「明日も元気」出演
 「からだにいいこと」掲載

 
 新 「名医」の最新治療 2011
 ウロギネ専門医として紹介

 2011年 各社新聞
 「医療新世紀」
 「患者を生きる」全6回
 2010年 
 毎日新聞     
 日経ヘルスプルミエ
 「尿漏れ頻尿の原因は」     
 レタスクラブ
 「Women’s Clinic POP」
 2009年 
 毎日新聞
 「骨盤臓器脱」
 西日本新聞
 「尿の悩みが消えると」     
 読売新聞
 「POP悩む女性」
 2008年 
 毎日新聞     
 西日本新聞
 「尿漏れ防げ骨盤底筋体操」 
 2007年
 Donna mamma 8月号
 「気になるママの症状 尿もれ」
 楽生人
 「女性の泌尿器トラブル」
 読売新聞 医療ルネサンス
 「骨盤内臓器脱にメッシュ手術」
 毎日新聞 患者塾
 「POP 負担軽いメッシュ治療法
 西日本新聞
 「中高年女性の骨盤臓器脱」